読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

卒業制作のプレゼンテーションがあった。
緊張は、まえの中間発表のときと同じぐらい。緊張の解き方は、必死に現実逃避とか、うわああどうしよーって友達はしゃいだりとかした。
結果は、理解してくれて嬉しかった分と、いいアドバイスをいただけました。f:id:momorenchan:20160128184831j:image
プレゼンテーションは終わっても、なおさなきゃいけない箇所があるので、全体はお見せできる状態じゃないので一部で。

モラトリアム人間について、100人以上、人間を描きました。

モラトリアムっていうのは子供が大人になるまで、アイデンティティをみつけて自我を確立させるまでは、精神的、社会的に与えられる執行猶予みたいなもので、もう大人なのにアイデンティティの確立ができず、自分の立場を正当化して甘えたりとか、自分の可能性を過信しすぎて、組織に属さなかったりとか、そういったことが続いてしまうのが、モラトリアム人間と言うらしいです。
昔流行ったらしいけど、今も、私たちの世代にも、たくさん居る。それに絶対的な共感をして、モラトリアム人間の因果について、書こうと思った。

水張りしたB2のパネル6枚で、4メートル半ぐらい。

アナログなんて鉛筆と水彩、あとは線画のあるアクリルガッシュなんかでしか描いたこと無かった。線画なしで、アクリルガッシュで描いた。

自分でああしたい、こうしたいって意思がすごい出たと思う。
絵を描いてる途中まで、いろいろ書き込んでたけど、やっぱぼんやりしてたほうが良いのかも、なんて急に思い出して、せっかく塗った絵をリペイントしたり。

卒業制作っていうのは、完成とか、成功とかそんなんじゃなくて、いい経験として自分がこれからどうして行きたいかっていう気持ちだと思った。
自分のためだし、自分の絵を見て喜んでくれるひとのため。
これから、また好きな絵、描きたい絵を書くと思う。みんなが喜んで見てくれる限り、誰かが求めてくれる限り絵を描き続けたいと思った。もしかしたら誰も見てくれなくなっても1人で書いてるのかも。好きだからね。

なんかもっと書きたいことあった。
忘れた。
たぶんもう思い出さない