21になるとき

21になるとき

11歳から始めたインターネット。
インターネット11年生になってしまった。

当時の自分は、やっていいことわるいことの区別があまりついてなかったのかも。してしまったことの、経験を通して、区別がついた。ネットゲームとか。
昔も絵を描いてた。萌え系のイラスト。
お絵かき掲示板と出会ってから、中3くらいまで、そういう絵をかいてた。ツイッターとかにあげてた。

高1から、あまり絵を描かなくなった。もう15、16とか、成長してる中でお友達つくるのって大変だなと思ったし、このとき改めて学校で友達の作り方なんて習ってないなって思ったし、それなのにみんなあたりまえのように簡単に友達をつくってしまうからこわいなって思ったこともあった。ぽんには、お友達もできたけど、付き合い方とかよくわかってなかった。
弓道部に、入ったら、気の合うひとがたくさんいた。

絵の話に戻るけど、朝から夜近くまで学校、部活、をしていたら、だんだん絵を描けなくなっていった。おぼえることがたくさんで、なかなかその気になれなかった。友達が、パンティーアンドストッキングっていうアニメを教えてくれて、そのキャラがかわいくて書いたってぐらい。

高1の冬に、新しいアカウントをつくった。すでにアカウントは持ってたけど、部活のみんなと連絡取る用のアカウントだった。それがくず餅ぽんのアカウント。kuzumochigirlてのもテキトーだったし、名前もまあまあテキトーだった。寒天くず餅から取った。

絵を描くのが、顔を描くのが、書いたからにはしっかり着彩てのが、できなくなってきて、今みたいな感じの絵をたくさん書き始めた。当時珍しかった、ネオコス展とか、きむらももこちゃんの、影響が強いかな。絵をかいてたら、なんとなく、ネットの友達も増えてきた。
2つのアカウントを管理するのがめんどくさくて、くず餅ぽんじゃないほうのアカウントは、消した。

16さいの終わりどき、20になったらこんなことやめよっておもった。いつまで続くんだって思ったし、

いやたぶんいまも思ってるかも。
いつまでも、2、3年以内って思ってる。そうやって制限することで落ち着いてる。でも絵は描くんだろうな。絵は好きだから。
ありがたいことに、多方面から、いろんなチャンスを貰えた。こんな自分だから新しいことに、怖がってる。いけないんだとおもう。どうせなら楽しく好きなように、やりたいよ、ね、

なんていうか、もっと自分らしく進めていければな。まだまだ満足してない。
向き合ってく。いい影響は、受けてく。取り入れないと、自分の中の良いものは、死んでくばかり。もったいない。


きのうは、シナプリのハプナにつれてってくれて、夜ご飯を食べた。
すごいいっぱい食べた。
帰りの電車、座れて良かった。